【DDON】王冠と王笏4~サブクエの内容ネタバレ有~

※このブログには王冠と王笏4の内容のネタバレと、私の妄想が織り込まれております。






以下王冠と王笏の好き勝手な感想や妄想とかセリフのSSとか。
妄想だけならひと一倍!の通常運転です。

王冠と王笏4‗01.jpg

キルスティさんとのデートクエもいよいよ大詰め。
報酬を見ればわかりますが、初代王の指輪が貰えます。
そんなの異国の人間の手に渡しちゃっていいのかよって突っ込みたくなる気持ちを抑えつつ受注。

王冠と王笏4‗02.jpg

今まではキルスティさんの知ってる場所だったけど、今回は違います。
クレス様の代わりに初代王の指輪を見つけた場所を確認しておきたかった…みたいなのもあるのかな。
なんて言うか本来キルスティさんの『カッコ悪いところ』を見れるのはクレス様の前だけみたいなところがあって、でも異国のクレス様のにも負けず劣らずの実力がありそうな覚者の前でつい、ポロリと出てしまった…とかだったら萌える。
普段、ハイセプターとしての威厳と実力のあるキルスティさんしか知らないような人間では無いからこそってのもあるんだろうな。

王冠と王笏4‗03.jpg

さて、崩れた進入路です。
このクエやってた時、丁度ロリババァ期間だったのよね…小さいな!ロリババァ!!かわいい!(ウチノコカワイイ病)
ロリババァはロリババァで白竜の覚者1期生に匹敵する長生き魔女なので、もし、キルスティさんと会話することがあったらそれはそれで面白そう。
二人で茶菓子つまみながら、歳寄りみたいな会話して欲しい。
あ、そんな事どうでもいいって?あ、はい、脳内で済ませます…。

王冠と王笏4‗04.jpg

貴族様の物言いかと思いきや、相手に対する配慮みたいなのを忘れてないよーな台詞回しがキルスティさんの良い所。
地方貴族の娘さんだし、人にやってもらうより自分が動く感じで、他人に何かして貰うのが当然じゃないと思ってるのかなって。
育ちとか色々細かい事を考え出すとほんっとキリがなくてね…。
こういうのって細かければ細かい程キャラに生々しさみたいなの出ると思うのよ。
何故そんな性格なのか、とか、細かく原因を考えちゃう。それこそ話にも出て来てないような両親の事とか。

王冠と王笏4‗05.jpg

崩れた~の最奥、指輪のあったお墓ぽいトコなう。
カメラがグーッと引いてく?ようなプチ演出がニクイ。

王冠と王笏4‗06.jpg

アッカーシェランの覚者のクレス様とレスタニアの覚者。
共に覚者であると言う共通点から似てる部分があったのかなー。
個人的にはクレス様とキルスティさんの共闘が見たいって思うわけ。
二人で軽口叩きながら戦ったりしたんでしょう?

「クレス様、お尻が大きくなったのでは?」とか「キルスティ、今までその剣で果物でも切ってたの?」とか…。
どっちも動きが鈍いですよ!的な意味でさぁ…!

え…伝わらない?
多分私だけが楽しいやつだこれ…。

王冠と王笏4‗07.jpg

戦闘中の台詞。
キルスティさんなりにクレス様を失った消失感を埋めようと足掻いてたりするんかな。
もしくは、クレス様が居なくても存在を感じようとして、いつかのように戦い、いつかを思い出す…みたいな。
因みに敵はイービルアイなんだけど、成れの果てか?って言ってるから、もしかしたらイービルアイにも裏設定(竜族みたいにもともと覚者だったけどどうちゃらこうちゃらとか言う感じのアレ)があるのかな?あったらどんな設定なのかな~?
ワイの脳内は風呂敷広げすぎてもう反物の布みたいになってる。設定資料集か行間埋めるような小話集とか小説出してよ…DDON…。

王冠と王笏4‗08.jpg

キルスティさんとネド王子の距離は遠い感じなのかな。
王子は覚者としての教育を受けていないし、ほっとかれたんだろうね…。
あんな性格だから姉に遠慮してたりしたんだろうなーとか考えちゃう。
流石にネドはメインを張る子ではあるから、めっちゃ細かい設定が練られてるはず。

アッカー家の最後の生き残りとして、覚者の使命を継がざるを得ないネド。
要人としては扱いが低くほっておかれたかもしれないけど、幼く、短い期間ながらにクレス様と一緒に見た世界はきっと素敵で、思い出は美しい物しか無かった…とかだったら全ワイが泣いてしまうかもしれん。

王冠と王笏4‗09.jpg

帰宅。

これでこの一連のクエストも終わりかと思うと寂しい。
DDONの中では読み物は殆ど台詞だし、比較的長台詞になってるのでテキスト量としては多いけど、やっぱり全体的な設定とか、ワイ含めて一部いるであろう『設定知りたい勢』にとっては説明不足なのは否めない。
しかしながらワイはよく訓練されたヲタクなので、行間は自分の脳内妄想で補填と言う技術があるからな!負けへんで!妄想するで!行間!

それにしても初代王の指輪をポーンと異国の覚者に託すって判断をしたキルスティさんはどんな気持ちだったのか。
ゲーム上初代王の指輪ってアイテムが実物として自分の手にってのはテンション上がるけどw
個人的には『初代王の指輪は君が預かっていてくれ、ネド王子が一人前になったら渡してくれないか?』みたいな感じだったらよかったなーと。
まぁ、どうでも良いっすね。

キルスティさんがネド王子に『母の話を聞かせてください』って言う妄想もしたんだけど、今回の記事に書くには長すぎるんでやりません。
でも、クレス様が大好きだった二人がどんな話をするのかとか、すごく興味があるし考えてて楽しいですエヘヘ…。

ひとまずクレス様とキルスティさんのバディ妄想(+ちょっとネド)語りはここら辺でおしまい。
お付き合い頂き、ありがとうございました( ˘ω˘ )

この記事へのコメント